TOPTOP >  特集 > 今、経営に欠かせない話題の商材、「Driveクラウドカメラ」の魅力!
話題の商材

今、経営に欠かせない話題の商材、「Driveクラウドカメラ」の魅力!

  • Wizマガジン編集部
  • 2017/11/06
  • 135 Views

Wiz magazine 4号で特集された話題の商材、「Driveクラウドカメラ」の魅力を紹介します。

「Driveクラウドカメラ」でより手軽で確実な業務改善対策を。

犯罪・トラブル防止などに効果的な防犯カメラですが、導入費用や管理の手間などを考慮すると導入に踏み込めないという方も多いのではないでしょうか。

そんな皆さんにオススメしたいのが、コストをかけずにカメラによる様々な「可視化」を実現する「Driveクラウドカメラ」。工事費・環境設定費・初期導入費無料で従来の防犯カメラに比べコストをかけずにご利用いただけます。特徴はインターネット上で録画データを管理する「クラウドサービス」であるということ。SDカードや録画装置が不要なだけでなく、人為的なデータの破壊や消失を防止できるほか、ネット環境が整っていれば場所に関係なく、スマホやパッドなど様々な端末からリアルタイムでの監視が可能なので時間を有効に活用することができます。

また、「Driveクラウドカメラ」の新機能として、録画状態に不具合が発生するとすぐに検知しお知らせする「死活監視機能」を搭載。録画漏れを防ぎます。更に、データを堅牢性の高いセンターに保存するため、万が一自然災害が起きても、データ消失のリスクを回避できます。

カメラの設置は防犯用だけでなく、接客クオリティや陳列といったサービスの向上や複数の店舗管理・比較、お客様の入店状況や購買前の行動といったマーケティングリサーチなど貴重な検証素材としても活用でき、経営課題改善に繋がります。

カメラによる可視化で経営課題を解決!

サービス向上


■クレンリネスが徹底されているか確認したい。
例えば飲食店では、厨房にカメラを設置していれば衛生面や料理ご提供までの手順確認も容易であり、お客様へのサービス向上に繋がります。

スキルチェック強化


■スタッフのスキルを正確にチェックしたい。
例えば理美容では、接客対応はもとより、スタッフの手元を撮影し、カットの技術もカメラで可視化。スタッフの指導・教育に活用できます。

お客様分析


■お客様の興味や関心の同行を分析したい。
例えば小売店では、カメラの映像を確認することで来店者の動線や売れ筋商品をチェックし、店内の販促活動に繋げることができます。

管理体制強化


■院内の管理体制を把握したい。
例えば医療機関では、個人情報や医薬品の管理をカメラを活用し強化。盗難・持ち出しといった被害から守り、施設の信頼度を高めます。

「Driveクラウドカメラ」は現場の支援にフォーカス!経営課題を解決して!業務効率、売上もUP!

費用について

■カメラ1台+Wi-Fiルーター1台で月額3,300円
工事費0円、環境設定費0円、初期導入費用0円で導入可能!さらにクラウドプラン(7日間無制限録画プラン)を追加した場合なら、1台2,800円でご利用可能です。

【Driveクラウドカメラについて】
●最低利用期間:60ヶ月(自動更新なし)●最低利用期間の途中で解約された場合は[3,300円×残月数]を一括でお支払いいただきます。(例)24ヶ月で解約した場合:3,300円×(60ヶ月-24ヶ月)=118,800円●解約時にカメラをご返却いただくことが条件になります。●屋内専用カメラになります。※表示価格は全て税抜きです。※カメラ本体の写真は異なる場合がございます。

Driveクラウドカメラに関するお申し込み

お電話でのお申し込み

03-6757-9069

受付時間
9:00~19:00
定休日
日・祝日・年末年始

ご相談・お申し込みはこちら

お客様相談窓口

03-5931-0726

受付時間
9:00~18:00
定休日
土・日・祝日・年末年始

お申し込み・お問い合わせ24時間メール受付中!