TOPTOP >  特集 > 今、経営に欠かせない話題の商材、「コスト削減」を大解剖!
話題の商材

今、経営に欠かせない話題の商材、「コスト削減」を大解剖!

  • Wizマガジン編集部
  • 2017/11/20
  • 207 Views

Wiz magazine 4号で特集された話題の商材、「コスト削減」の魅力を紹介します。

今ってこんなに削減できるの?「コスト削減」大解剖!

利益とは、売上からコストを引いたもの。私たちWizは、売上アップ、コスト削減の双方向において、最新の情報・サービスをお届けし、お客様の未来の繁栄を支えるパートナーとなることを目指しています。

利益の向上のための有効な手段の1つが「コスト削減」です。コストは大きく2つ、固定費と変動費に分けられます。固定費は、人件費や家賃など、変えられない費用です。変動費は材料費や水道光熱費、通信費、消耗品や宣伝広告費などで、ここが削減できるポイントです。

特に、電気代、水道代、通信費は、節約することが可能です。例えば電気代を下げる方法は2つ。事業者向け新電力に変更して、電気料金を下げる方法と、もう1つは、消費ワットの低いLEDやエアコン、冷蔵庫の導入で最大で年間90万円の節約ができた会社様もあります。また、インターネットの普及により通信費にかかるコストの割合が上がってきました。電話回線、インターネット、携帯電話、ネットワークカメラなど様々ありますが、ご利用状況や組み合わせにより、最適なプランをご案内、コストの削減が可能です。

コスト削減はお店の利益に直結します!

一重に「コスト削減」と言ってもやり方は様々。Wizでは多岐にわたりコスト削減できるご提案プランをご用意しております。そんな中から今回は4つ、ピックアップして皆様にご紹介いたします。

1.LED

LED照明は発光効率が高いために、蛍光灯に比べ50%〜70%、白熱電球・水銀灯に比べ80%〜90%の消費電力、電力料金の削減効果を見込むことができます。

※消費ワット1kw単価:29円で算出しています。概算の金額となりますので実際とは異なる場合がございます。予めご了承ください。詳しくは係員におたずねください。

2.電気

電力自由化に伴い、電気代はもっと安くお得になります。電力使用量が多い事業所や店舗にオススメ!これまでにないお得な電気代・プランをご用意いたします。

※東京電力エリアのお客様・60Aをご契約・月々1500kwh使用・1年間の電気料金の場合。概算の金額となりますので実際とは異なる場合がございます。予めご了承ください。詳しくは係員におたずねください。

3.節水コマ

今までの節水商品は水量を制限するものが一般的だったのに対して、水量を制限していても今までと変わらない使用感を維持することが可能となった商品となります。

※概算の金額となりますので実際とは異なる場合がございます。予めご了承ください。詳しくは係員におたずねください。
■次世代節水装置「JET」
「JET」を導入することで水道料金が最大80%削減でき、そのうちの40%でレンタル代を組むことが可能なので削減枠内でレンタルを組んでも料金メリットがでます!世界6ヶ国で特許を取得している節水商品!
■次世代節水装置「バブル90」
「バブル」を導入することで水道料金が最大95%削減できる、新しいタイプの蛇口ノズル。設置は「蛇口の先に取付けるだけ」と言う簡単設計。節水しながらもこれまで以上の洗浄力を持つ水流が生まれます。

4.エアコン

エアコンの消費電力は、毎年4〜5%の割合で増加。10年を超えると50%以上増加するのです。新品エアコンは消費電力が低いので大幅なコスト削減が可能となります。

※天井埋め込み型タイプの場合。2台使用。1日8時間稼働・月20日営業。利用電力:低圧動力(17円)概算の金額となりますので実際とは異なる場合がございます。予めご了承ください。詳しくは係員におたずねください。

必ずお支払いが発生する固定コスト!一度見直してみませんか?

コスト削減に関するお申し込み

お電話でのお申し込み

03-6757-9069

受付時間
9:00~19:00
定休日
日・祝日・年末年始

ご相談・お申し込みはこちら

お客様相談窓口

03-5931-0726

受付時間
9:00~18:00
定休日
土・日・祝日・年末年始

お申し込み・お問い合わせ24時間メール受付中!